効果が凄いホワイトセージは贈り物にも最適

ホワイトセージは、浄化に欠かせない天然のハーブです。少なくとも1000年以上の歴史を持つと言われています。ヒーラーや、スピリチュアルの方々が、以前から使っていたものですが、最近ではメディアで紹介されることも増加してきました。古くからホワイトセージは神聖なハーブとして扱われています。ホワイトセージを使って浄化することで、その場所の空気がよどみや、気分がすぐれないことを解消することができると言われています。花言葉は、尊敬と家族愛です。家族を思いやる気持ちと、自然を敬う気持ちが込められた花言葉です。ホワイトは日本語で白なので、汚れのないまっさらな状態を表しています。浄化により、心を真っ白な状態にする効果があるのです。シソ科で、サルビア属の、アメリカ・カリフォルニア州が原産地のハーブです。

浄化してくれるハーブは、ホワイトセージ

ホワイトセージは、その葉の部分を揉むと、薬のようなにおいがします。昔はいろいろな儀式に使われたり、薬としても利用されていました。抗菌作用があり、体内のバランスを整えてくれる作用があるのです。ホワイトセージは、その場所の浄化に利用されています。場所と気を清める効果があるのです。私たちは日々の生活の中で、落ち込んでしまったり、気持ちがどうしても晴れないことがあります。それは生きていれば誰もが考えることです。そんなときに使いたいのがホワイトセージなのです。悪い気をそのままにしていると、どんどんと気持ちが落ち込んでしまいます。体にも不調が現れてしまいます。病は気から、というように、気持ちの落ち込みは、身体にも大きな悪影響を及ぼします。そのため早めの対処が必要なのです。

ホワイトセージで心も体も健康に

それではどんな風に浄化をすれば良いのでしょうか。まずは質の良いホワイトセージを準備します。そして耐熱性の皿などを用意します。ホワイトセージの葉に火を点け、炎が安定したら消火します。皿にホワイトセージの葉を置いて、浄化したい箇所に置きます。部屋全体を浄化する場合には、皿ごと動かします。家じゅうを浄化したいときには、皿をもって各部屋を移動します。すべての部屋を回ったら、ホワイトセージが消えるのを待ちましょう。鎮火はしっかりと確認することが重要です。最後に窓を開けて、部屋の空気の入れ替えをします。葉ではなく、お香で浄化する方法もあります。あまり安価なものは、余計なものが混ざっている場合もありますので、質の良い信頼できるものを選びましょう。気持ちの良い浄化をすることで心身ともに健康で過ごしたいものです。