工業騒音のレベルとは

工業騒音の問題について

住宅地域の工業の騒音対策

工場地帯と住宅地域が隣接する地域では工業の騒音対策が求められています。住宅地域と接しない工場団地などは問題はないのですが、近年では工場団地に近い地域も住宅が増えてきています。工場などでは騒音対策が必要とされています。住宅地域と隣り合わせである工業地域は企業に高い壁や工場に防音対策が施されます。また土日や祝日などの休日での操業ができないなどの問題が起きます。地域住民の理解を得て工場の運営は行われています。近年では企業からでる排気ガス、排水、音など、あらゆる物に環境面から調査や規制が行われています。企業は環境面への対応が必要となっています。

騒音に関する様々な規制

工業地帯や道路に関しては、法律等による様々な規制がなされています。規制をかけるに当たっては、評価する基準が必要となります。近年、この基準として使用されているものが、等価騒音レベル(L_Aeq)なのです。時間的に変化しながらも継続的に工業地帯から発生します。これを等価で評価するため、一定時間内のエネルギーを平均化し、それと等価になる定常的な値を算出します。この結果を用いて、元の音を評価するのです。現在では、環境基本法及び騒音規制法に基づき、近隣住民の時間曝露レベルをエネルギー的に評価し、規制を実施しています。